現金化トラブル事例

商品を購入したにもかかわらずお金が振り込まれない。

提示されていた換金率とは異なる学が振り込まれていた。

お金が振り込まれる前に業者と連絡が取れなくなった。

個人情報が盗まれた。

高額の手数料を請求された。

キャンセルしようとしたら脅された。など。

最も多いのが振り込まれていないというトラブルです。お金をすぐに手に入れたいという思いから「最短○分でお振込み」という謳い文句に騙されてはいけません。このような素早い現金化を謳っている業者はたいていがクレジットカード情報と振込先の口座の入力のみで申し込みできてしまうようです。このような簡単すぎる手続きは一見すると楽でありがたいようにも思えますが注意しておいたほうがいいかもしれません。申し込む前にも業者のサイトから所在地や電話番号などは確認しておくべきです。電話番号が正しいものかを電話して確認するのもいいと思います。あまりにも高い換金率の業者も要注意です。換金率○○パーセントといったキャッチフレーズで客を呼び込み、なにかと理由をつけて高い手数料を取る悪徳業者もいるようです。またキャンセルしようとすると脅してくるような業者もいるのではじめからキャンセル可能と書かれている業者を選ぶのも大事です。